山本 健太

博士(理学)
國學院大學経済学部
國學院大學経済学部
 准教授(2014.04-)
九州国際大学経済学部
 准教授(2013.04-2014.03)
 助教(2011.04-2013.03)
 特任助教(2010.10-2011.03)
経済地理学,都市地理学
産業集積論,国際分業論,国際経営論,
文化産業論,外邦図研究,WebGIS
都市型文化産業の集積構造に関する研究
東京,ソウル,上海,静岡
東北地理学会日本地理学会経済地理学会
地理科学学会, 外邦図研究会, 人文地理勉強会,
日本都市学会地理空間学会人文地理学会
日本都市地理学会, EAJS日本地理教育学会

<学術論文(査読あり)>

  • 山本健太・久木元美琴 2013: 東京における小劇場演劇の空間構造.都市地理学 8: 27-39.
  • YAMAMOTO, Kenta 2012: Changes to the Consumption Space of Small Theater Performances in Tokyo. Science Reports of Tohoku University 7th Series(Geography) 58: 27-38.
  • 山本健太 2011: 静岡におけるプラモデル産業の分業構造と集積メカニズム. 経済地理学年報 57: 203-220.
  • 山本健太・久木元美琴 2011: 東京大都市圏における都市型文化産業の消費空間―現代演劇の劇場公演の空間的特徴に着目して―. 日本都市学会年報 44: 99-107.
  • YAMAMOTO, Kenta 2009: The agglomeration structure of the animation industry in East Asia: a case study of Tokyo, Seoul and the Shanghai region. Science Reports of Tohoku University 7th Series(Geography) 57: 43-61.
  • 山本健太 2009: 上海地域におけるアニメーション産業の集積構造―海外依存型企業の事例を中心に―. 地理科学 64: 228-249.
  • 山本健太 2008: ソウルにおけるアニメーション産業の集積と特質―国際分業および労働市場に着目して―. 季刊地理学 60: 185-206.
  • 宮澤仁・照内弘通・山本健太・関根良平・小林茂・村山良之 2008: 外邦図デジタルアーカイブの構築と公開・運用上の問題. 「地図」 46(3): 1-12.
  • 山本健太 2007: 東京におけるアニメーション産業の集積メカニズム―企業間取引と労働市場に着目して―. 地理学評論 80: 442-458.

<単著書>

<編著書・分担執筆(査読あり)>

<編著書・分担執筆(査読なし)>

<学術論文(査読なし)・報告書・予稿集・雑誌記事等>

  • 山本健太 2014: 東アジア研究者の情報と交流 日韓中地理学会議ジョイントセッション(「京都IGC2013コミッションレポート 世界の地理学はいま (9)」).『地理』古今書院: 82-83.
  • 山本健太・神谷浩夫 2013: 地方に活動拠点を置くプロ芸能集団の存立基盤―佐渡「鼓童」の事例―.地理学報告 115: 59-66.
  • 山本健太 2013: 台湾視察の報告.『外邦図ニューズレター 10』大阪大学人文地理学教室: 25-31.
  • 小林茂・山近久美子・渡辺理絵・波江彰彦・山本健太・鳴海邦匡 2013: アメリカ議会図書館蔵 初期外邦測量原図データベース 解説.『外邦図ニューズレター 10』大阪大学人文地理学教室: 5-18.
  • 山本健太 2013: 地方におけるアニメーション産業振興の可能性―沖縄スタジオの事例―.地理科学 68: 202-210.
  • 山本健太 2011: スタンフォード大学で開催された外邦図に関する国際シンポジウムの報告.『外邦図ニューズレター 9』大阪大学人文地理学教室: 4-10.
  • YAMAMOTO, Kenta 2011: Report from the 5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography (as Special Report). E-journal GEO 6(1): 33-37.
  • 駒木伸比古・吉田国光・山本健太 2011: 学術大会運営におけるクラウドサービスの有効性と課題―第5回日韓中地理学会議での経験から―. 地理空間 4: 149-155.
  • 小林茂・山本健太 2011: アジア太平洋地域の環境資料としての外邦図:外邦図デジタルアーカイブの構築とその利用.『地図情報共有化に向けての課題』(グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成:スラブ・ユーラシアと世界」特別報告書): 3-18.
  • 山本健太 2011: 第5回日韓中地理学会議の報告. 季刊地理学 63:28-31.
  • YAMAMOTO, Kenta 2011: 5th Japanese, Korean and Chinese Joint Conference on Geography, Sendai, Tohoku University, 7-10 November 2010. IGU E-Newsletter 23: 21-24.
  • YAMAMOTO, Kenta 2010: The working style of Animation workers and local labor market in Japan: time-geographical analysis. 5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography: 108-111.
  • 山本健太 2010: 外邦図にみる魔都上海のいまむかし. 地図情報 30: 36-38.
  • 小林茂・山本健太 2009: 外邦図研究と外邦図デジタルアーカイブの構築. 『人間文化研究情報資源共有化研究会報告集 1』人間文化研究機構: 79-90.
  • 村山良之・照内弘通・山本健太・宮澤仁 2008: 外邦図デジタルアーカイブの公開と課題. 『外邦図ニューズレター 5』大阪大学人文地理学教室: 35.
  • YAMAMOTO, Kenta 2007: Agglomeration Mechanism of the Animation Industry in Tokyo. YAN Xiaopei and XUE Desheng eds.:Urban Development, Planning and Governance in Globalization. Sun Yat-Sen University Press: 240-252.

<講演・学会発表(国内)>

  • 山本健太,2014,観劇者の情報取得機会と行動特性―劇団Aの東京および大阪における公演を事例に,経済地理学会関東支部7月例会.
  • 今野絵奈・山本健太・荒木一視・則藤孝志・寺床幸雄,2014,日韓中地理学会議における若手研究者の参画と研究交流,日本地理学会2014年春季学術大会.
  • 小林茂・山近久美子・渡辺理絵・山本健太・鳴海邦匡・波江彰彦,2013,初期外邦手描き原図データベースの構築:アメリカ議会図書館での発見から目録作成、写真撮影、画像とメタデータの整備、データベースの公開まで,人文地理学会 第132回 歴史地理研究部会.
  • 山本健太,2013,アニメーション産業における労働者の社会関係とスタジオの役割―スタジオMの事例―,東北地理学会2013年春季大会.
  • 山本健太,2013,地方とコンテンツの関係,シンポジウム「第1回リアル・ワールド・コンテンツミーティング」,湯涌温泉(パネリストとして).
  • 宮崎昭・平澤泠・岡本久人・岩下陽市・山本健太,2012,環境モデル都市における既存市街地の低炭素化モデル研究,日本都市学会第58回大会.
  • 山本健太,2012,地方におけるアニメーション産業振興の可能性,地理科学学会第29回シンポジウム「デジタル時代の情報生成・流通・活用」,広島大学.
  • 山本健太・多田忠義・坂下幸嗣・海老根優介・京極自源,2012,震災発生時における組織内情報拠点の成立と情報ネットワークの特性―東北大学地理学教室の事例から―,東北地理学会2012年秋季大会.
  • 山本健太・神谷裕夫,2012,地方に拠点を置く芸能団体のマーケットと客層,東北地理学会2012年春季大会.
  • 山本健太・久木元美琴,2012,東京における小劇場演劇観劇者の行動特性―劇場Aにおける劇団Hの公演を事例として―,日本地理学会2012年春季学術大会.
  • 山本健太,2012,水産加工業の存立構造―焼津黒はんぺんの事例から―,経済地理学会西南支部3月例会,下関市立大学.
  • 山本健太,2011,地方におけるアニメーション産業,シンポジウム「コンテンツによる地域活性化「アニメーションが地域にもたらすもの」」,金沢大学(パネリストとして).
  • 山本健太,2011,地方におけるアニメーション産業の動向―沖縄県Mプロジェクトの報告―,日本地理学会2011年秋季学術大会 情報の地理研究グループ.
  • 山本健太,2011,静岡プラモデル製造企業の技術獲得と取引関係―転換企業および新興企業を事例として―,2011年度地理空間学会大会.
  • 山本健太,2011,焼津黒はんぺんの産業構造と存立基盤,2011年度地理科学学会春季学術大会.
  • 山本健太・神谷浩夫,2011,地方縁辺地域におけるプロ芸能集団の存立基盤―佐渡「鼓童」の事例―,東北地理学会2011年春季大会.
  • 山本健太・久木元美琴,2010,1990年代以降における都市型文化産業の消費空間―東京の劇場を中心として―,日本都市学会第57回大会.
  • 山本健太,2010,アニメーション産業労働者の居住と就業の特性―制作企業Aに所属する労働者を事例として―,東北地理学会2010年度春季学術大会.
  • 山本健太,2010,アニメーション産業労働者の就業実態と日行動の特性,日本地理学会2010年春季学術大会.
  • 小林茂・山本健太,2009,アジア太平洋地域の環境資料としての外邦図:外邦図デジタルアーカイブの構築とその利用,地域研究コンソーシアム・情報資源共有化研究会「地図情報共有化のために」.
  • 山本健太,2009,プラモデル製造企業の分業関係と立地―A社静岡工場を事例として―,日本地理学会2009年秋季学術大会.
  • 山本健太,2009,プラモデル産業の分業構造と企業立地―静岡に立地する企業を事例として―,東北地理学会2009年度秋季学術大会.
  • 小林茂・山本健太,2009,外邦図研究と外邦図デジタルアーカイブの構築,第2回人間文化研究情報資源共有化研究会.
  • 山本健太,2009,アニメーション産業の国際分業と企業間取引関係の構造―日韓,日中の国際分業関係に注目して―,日本地理学会2009年春季学術大会.
  • 山本健太,2008,上海および無錫におけるアニメーション産業労働者の特性,日本地理学会2008年秋季学術大会.
  • 山本健太,2008,コンテンツ産業の集積メカニズム―日中韓アニメーション産業を事例に―,日本地理学会2008年秋季学術大会 国際経営・経済研究グループ.
  • 山本健太,2008,コンテンツ産業に関する研究動向と今後の課題,東北地理学会2008年度春季学術大会.
  • 山本健太,2008,上海におけるアニメーション制作企業の立地要因,日本地理学会2008年春季学術大会.
  • 山本健太,2007,韓国アニメーション産業労働市場と集積メカニズム,東北地理学会2007年度春季学術大会.
  • 村山良之・照内弘通・山本健太・宮澤仁,2007,外邦図デジタルアーカイブの公開と課題,東北地理学会2006年度第1回研究集会.
  • 山本健太,2006,東京およびソウルにおけるアニメーション産業の集積メカニズム,経済地理学会北東支部例会.
  • 山本健太,2006,ソウルにおけるアニメーション産業の集積メカニズム,東北地理学会2006年度春季学術大会.
  • 山本健太,2006,東京におけるアニメーション産業の集積メカニズム,日本地理学会2006年春季学術大会.
  • 山本健太,2005,アニメーション産業の生産システムと東京集積メカニズム,東北地理学会2005年度秋季学術大会.
  • 山本健太,2004,浜松中心市街地における卸売事業所の立地展開,東北地理学会2004年度秋季学術大会.

<講演・学会発表(国際)>

  • YAMAMOTO Kenta, 2014, Information acquisition behavior of performance art audiences: Cases of Tokyo and Osaka, Japan. IGU Regional Conference in Krakow, Poland. Jagiellonski University, Krakow, Poland. 2013.08.
  • YAMAMOTO Kenta, 2014, Information-seeking by Audiences of the Performing Arts in Tokyo and Osaka. 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography, Busan, Korea. 2014.07.
  • KOBAYASHI Shigeru, MIYAZAWA Hitoshi, YAMAMOTO Kenta, 2013, Three Databases of Japanese Imperial Maps. PNC 2013 Annual Conference and Joint Meetings. Kyoto University, Kyoto, Japan. 2013.12.
  • 山本健太,2013,日本アニメーション産業におけるスタジオの機能と産業集積―労働者の生産活動に着目して―.Korea-Japan/Japan-Korea Economic Geography Conference "Creative Economy and the Future of Economic Geography". Kyung Hee University, Seoul, Korea. 2013.11.
  • KOBAYASHI Shigeru, YAMACHIKA Kumiko, WATANABE Rie, YAMAMOTO Kenta, NAMIE Akihiko, 2013, A Database of Early Japanese Military Maps of China and Korea. IGU Kyoto Regional Conference 2013. Kyoto Internatonal Conference Center, Kyoto, Japan. 2013.08.
  • YAMAMOTO Kenta, 2013, A Case Study of Job Transfers in the Animation Industry: The Dissolution of Studio M and Its Workers’ Job Searches. IGU Kyoto Regional Conference 2013. Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan. 2013.08.
  • YAMAMOTO Kenta, 2013, Social Relationships among Workers and the Spatial Functions of Animation Studios: A Case Study of Studio M. 8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geograhy. Kyushu University, Fukuoka, Japan. 2013.08.
  • YAMAMOTO Kenta, 2012, The Feasibility of the Animation Industry in Local Regions: a Case study of Working Conditions at an Animation Studio in Okinawa. 32nd Intenational Geographical Congress Cologne 2012. University of Cologne, Cologne, Germany. 2012.09.
  • YAMAMOTO Kenta, 2012, The Characteristics of the Consumption Space of Small Theater Performances in Tokyo. 7th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography. Northeast Normal University, Changchun, China. 2012.08.
  • YAMAMOTO Kenta, 2011, Changes to the consumption space of small theater performances after the 1980's in Tokyo. 6th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography. Seoul University, Seoul, Korea. 2011.11.
  • YAMAMOTO Kenta, 2011, The Gaihozu Digital Archives and Their Improvement. Japanese Imperial Maps as Sources for East Asian History: A Symposium on the History and Future of the Gaihozu. Stanford University, USA. 2011.10.(招待公演)
  • YAMAMOTO Kenta, 2011, Animation workers and the studio as creative space in Tokyo: time-geographical analysis. EAJS Conference 2011. Tallinn University, Estonia. 2011.8.
  • YAMAMOTO Kenta, 2011, Spatial structure of production in Japanese animation industry: focus on studios' international division of labor strategies. Commission on the Geography of Global Information Society Annual Meeting 2001. National Technical University of Athens, Greece. 2011.7.
  • YAMAMOTO Kenta, 2010, The Working Style of Animation Workers and Local Labor Market in Japan: Time-geographical Analysis. 5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography. Tohoku University, Japan. 2010.11.
  • 久木元美琴・山本健太,2010,演劇にみる東京都市空間の変容 -盛り場、政治運動、都市計画に注目して.明治大学・ウィーン大学第9回共同シンポジウム「都市空間と娯楽―東京・ウィーン比較都市学」.明治大学,日本.2010.09.
  • YAMAMOTO Kenta, 2010, Production Allocation Strategies and Spatial Structure of International Division of Labor in Japanese Animation Studios. 2010 SIEM International Symposium. Ritsumeikan University, Shiga, Japan. 2010.3.
  • YAMAMOTO Kenta, 2009, The Division of Labor and Site Location in Plastic Model Kit Industry. 4th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography. Sun Yat-Sen University, Guangzhou, China. 2009.12.
  • YAMAMOTO Kenta, 2008, Agglomeration Mechanism of Content Industry - The Case of Animation Industry in Japan, Korea, China -. 3rd Korea-China-Japan Joint Conference on Geography. Cheongju University, Cheonju, Korea. 2008.10.
  • YAMAMOTO Kenta, 2007, Comparison of Market Structures of Animation Industry in East Asia - the case of Japan, Korea and China -. 2nd Japan-Korea-China Symposium of Young Geographers. Kumamoto University, Kumamoto, Japan. 2007.10.
  • YAMAMOTO Kenta, 2007, Agglomeration Mechanism of the Animation Industry in Tokyo. IGU-Commission of 'Monitoring Cities of Tomorrow'. Sun Yat-Sen University, Guanzhou, China. 2007.8.

<学位論文>

  • 博士論文:「東京,ソウル,上海におけるアニメーション産業の集積メカニズムに関する地理学的研究」(東北大学大学院理学研究科地学専攻 2009年1月提出)
  • 修士論文:「東京におけるアニメーション産業の集積メカニズムに関する研究」(東北大学大学院理学研究科地学専攻 2006年1月提出)
  • 卒業論文:「浜松都心地域における卸売業の立地展開」(静岡大学教育学部学校教育教員養成課程教科教育学専攻社会科教育専修 2004年1月提出)

<表彰>

  • 2011年度地理空間学会学会賞奨励賞(2011)
  • 日本国際地図学会特別賞(受賞団体「外邦図研究グループ」の一員として)(2010)
  • 東北地理学会研究奨励賞(長谷川賞) (2009)
  • 平成20年度東北大学総長賞(2008)

<学会活動等>

  • 日本地理学会企画委員(2014.04-)
  • 日本地理学会集会委員(2014.04-)
  • 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography Organizing Committee member(2013.01-2014.07)
  • 日本都市学会第59回大会実行委員(2012.04-2012.10)
  • 8th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography Organizing Committee member (as advice member)(2012.03-2013.08)
  • 7th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography Organizing Committee member(2012.03-2012.08)
  • Regional Conference of the International Geographical Union 2013 Kyoto プログラム出版委員会委員(2012.01-2013.08)
  • 6th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography Organizing Committee member(2011.06-2011.11)
  • 5th Japan-Korea-China Joint Conference on Geography Organizing Committee Secretary General(2009.12-2010.10)
  • 2008年度経済地理学会青森地域大会実行委員(2008.5-2008.12)

<競争的資金>

  • 科学研究費補助金若手研究B 「演劇産業の消費者行動と大都市集積に関する地理学的研究」 研究代表者(2014.04-2016.03)
  • 科学研究費補助金基盤研究A 「未利用の海外所在東アジア近代地理資料の集成と活用」 分担研究者(研究代表者:小林茂)(2012.04-2015.03)
  • 平成24年度科学研究費助成事業―科研費―研究成果公開促進費「データベース」 初期外邦図データベース作成委員会(代表:小林茂)の一員として(2012.04-2013.03)
  • 科学研究費補助金基盤研究B 「デジタル時代の情報生成・流通・活用に関する地理学的研究」 分担研究者(研究代表者:和田崇)(2011.04-2014.03)
  • 科学研究費補助金若手研究B 「現代演劇の消費空間と大都市集積に関する研究」 研究代表者(2011.04-2013.03)
  • 独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発事業研究開発プログラム 「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」「環境モデル都市における既存市街地の低炭素化モデル研究」研究分担者(研究代表者:宮崎昭)(2010.10-2013.09)

<講義・演習>

  • 専門科目:「地域と経済」,國學院大學(2014.04-)
  • 専門科目:「地域社会問題入門」,國學院大學(2014.04-)
  • 専門科目:「演習2」,國學院大學(2014.04-)
  • 基礎科目:「基礎演習A」,國學院大學(2014.04-)
  • 教職科目:「地誌学I」,九州国際大学(2010.10-2013.09)
  • 教職科目:「地誌学II」,九州国際大学(2010.10-2014.03)
  • 教職科目:「人文地理学」,九州国際大学(2010.10-2013.09)
  • 教職科目:「社会科・地歴科教育法II」,九州国際大学(2010.10-2014.03)
  • 専門科目:「入門演習II」,九州国際大学(2011.10-2014.03)
  • 専門科目:「入門演習I」,九州国際大学(2011.04-2013.09)
  • 専門科目:「地域づくり実習II」,九州国際大学(2012.10-2014.03)
  • 専門科目:「地域づくり実習I」,九州国際大学(2012.04-2013.09)
  • 専門科目:「総合演習Ⅰ」,九州国際大学(2013.04-)2014.03)
  • 教養科目:「情報処理B」,九州国際大学(2011.10-2014.03)
  • 教養科目:「情報処理A」,九州国際大学(2011.04-2013.09)
  • 教養科目:「教養特殊講義2(人文地理学)」,九州国際大学(2011.10-2013.03)
  • 教養科目:「教養特殊講義1(人文地理学)」,九州国際大学(2011.04-2013.09)
  • 教養科目:「地域経済論入門」,九州国際大学(2010.10-2011.03)
  • 教養科目:「情報処理演習」,お茶の水女子大学,非常勤(2010.04-2010.09)